Beitrags-Archiv für die Kategory '埼玉での導入事情'

川越市の、太陽光発電に対する取り組み

川越市は、埼玉県で3番目に人口の多い、いわば首都圏のベッドタウンとして栄えています。
蔵造りや時の鐘など、「小江戸」として親しまれている観光地としても有名であり、訪れる人は後をたちません。
住む街としても、遊びに行く街としても、とても魅力のある場所です。
そんな川越市は、太陽光発電の普及に力を入れている自治体でもあります。
補助金が充実しているのはもちろんのこと、公共施設への設置が徹底しています。
なかでも、教育施設へのソーラーパネルの設置は特に徹底していて、市内の小中学校すべてに設置が完了したそうです。
学校の前には、「○KW」と、その日の発電量を示したパネルがあります。
こうした取り組みは、市を訪れる人へのアピールにも繋がるだけではなく、子どもたちへの環境学の観点からも有意義なことです。
ほかにも、お祭り会館などの観光施設にも設置されているようです。
川越市が太陽光発電の普及に対して積極的なのは、東日本大震災以前からの傾向です。
日照時間が長いことに注目し、太陽光発電に適した特性を生かしているのだとか。
市の郊外には、太陽光発電を利用した公共施設「ピコア」がオープンし、連日人で賑わっています。
自然エネルギーを利用することで、市民に良い影響を与えているのです。
このように川越市は、太陽光発電を有効利用している街として、大きな存在感を放っています。
今後も川越市の太陽光発電に対する取り組みから、ますます目が離せません。


Thema: 埼玉での導入事情 | Autor: admin