太陽光発電の必要性

Autor:admin

前々から、エコな発電方法として太陽光発電は注目されていました。
でも、東日本大震災や、それに伴う原発事故などで、原子力発電に変わる新たな発電方法として、太陽光発電はまた注目を浴びるようになりました。
太陽光発電はソーラーパネルに太陽の光を集めて発電する、自然エネルギーによる発電方法です。
昔は、ソーラーパネルを設置するための広大な土地が必要でしたが、今では自宅の屋根にソーラーパネルを取り付けることも出来、発電システムも小型化されてきていて、より身近なものになっています。
また、最初からソーラーパネルがついていて、お風呂を沸かしたりするときに太陽光で発電した電力を使うスマートハウスという住宅も増えてきました。
太陽光発電のシステムを取り付けるための費用は、国や都道府県、市区町村から補助金が出ます。
埼玉県春日部市など、国、都道府県、市区町村の3つ全てから補助金が出る地域もあります。
自分の住んでいる地域のホームページなどに補助金についての記述があったり、役所などに電話をしても教えてくれるので、補助金をうまく活用しましょう。
また、自宅で発電した電力を売ることもでき、電気代を抑えるだけではなく、ちょっとした収入にすることもできます。
震災のとき、たくさんの地域が停電になりました。
また、電力不足で節電や計画停電のあった地域も多くあります。
太陽光での発電システムがあれば、震災で停電になっても、自宅で発電した電力を使うことができます。
電気は私たちの生活には無くてはならないものですが、電力会社に頼るだけでは無く、自分たちで作る時代になってきているのだと思います。
原子力発電は危険が伴い、火力発電は資源の問題があります。
でも、太陽光発電は自然エネルギーによる発電なので、危険性も資源の問題もありません。
エコロジーを考え、今の私たちの生活を、未来の子供たちも不安や不自由なく送れるような発電の方法を増やしていくことが大切だと思います。

Thema: 知っておきたい太陽光発電